リスニングアップの方法|TOEFL対策の正しい方法|基礎知識を身につけよう

TOEFL対策の正しい方法|基礎知識を身につけよう

本

リスニングアップの方法

勉強する人

日本では中学校から英語の勉強がスタートしますが、文法理解を中心として授業を行っているのでリスニングやスピーキングに苦手意識がある人はとても沢山います。TOEFLのIBTテストでは、リスニングテストとスピーキングテストが一番点数を取得できるので、TOEFL対策を始める時には最も重要になります。筆記試験に必要とされている文章構成や文法、単語などは独学できますが、スピーキングは自分で話している英語が正しいかどうか判断できないのでプロの力を借りる必要があります。
TOEFLのリスニングテストでは、アメリカ英語の他にイギリス英語やカナダ英語など、様々な国の英語が放送されています。いろんな英語の発音に慣れることでスコアアップが狙えますが、TOEFL対策を行っているスクールにはネイティブスピーカーが勤務しているので発音の違いなどが学べます。英語の特徴はリスニング力が伸びると同時にスピーキング力も身につくので、ネイティブスピーカーがいるスクールに通うと効率よくスコアアップができるでしょう。リスニング力を伸ばすためには集中して英語を聞くことがとても重要なので、スクールに通ってTOEFL対策をする時には個別指導を行っている授業を利用すると良いかもしれません。少人数クラスを用意しているスクールもありますが、わからない表現などがあるときにすぐ質問できない可能性があります。個別授業のTOEFL対策をならわからない問題をすぐに解決できるので、より多くの知識が身につきます。